注目イベント | Mu-歴民MONOエリア

Mu-歴民MONOエリア

日本の文化/寺社/仏像/考古学/中世・古代史/古美術などに関する書籍紹介ほか!


来年1月開催“ 大浮世絵展 (東京)の”前売り券発売中!
日本の伝統文化を知る上で浮世絵は欠かせないんだけど、なかなかお目にかかる機会って、有名な西洋画以上に少ない感じするんだけど…どうでしょう?

今回開催されることが決まった、歌麿、写楽、北斎、広重などのビックネームが勢揃いの『大浮世絵展』は、「国際浮世絵学会」の創立50周年を記念して開催されるもので、浮世絵の時代の流れを知る上でも注目の展覧会だと思う。

東京・名古屋・山口の三都市限定なのは、東北に住んでるものとしては何とも歯がゆい思いなのだが、興味のある方はぜひ、足を運んで、その目で“日本の美”を堪能してほしいと思う。

江戸東京博物館で開催分【会期:2014年1月2日(木)〜3月2日(日)】の前売り券の販売が、2013年9月2日より開始されましたよ!

展覧会の詳細は、Webでご確認くださいまし。


チケットぴあでも、前売券の購入が可能ですよ。
一般発売(前売) * 大浮世絵展
icon
チケットぴあ
| - | trackbacks(0) | 注目イベント | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 来年1月開催“ 大浮世絵展 (東京)の”前売り券発売中!
鍋まつりに「伊達武将隊」参上〜!!!
○先日の仙臺鍋まつり、むすび丸には会えなかったけど、「伊達武将隊」のオールメンバーに会うことができました。正式には「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」というそうな。なんでも伊達武将隊の使命は、仙台開府から受け継がれる伊達文化の魅力や伊達の魂といったものを現代の人々に広く伝えることにあるようで、まあ、平たくいうと観光PRっていうことになっちゃんですが、だけどこれがなかなか侮れない。

企画は仙台市観光交流課で、「名古屋おもてなし武将隊」を参考にしてるんだそうな。しかも、男性7人と女性1人のメンバーは、応募者の中から面接・オーディションを経て選ばれた精鋭。また、総合演出・脚本の丹野久美子さんを中心としたその道のプロの面々が武将隊を支える。

ステージは、勾当台公園・市民広場のステージ。ここまで来るのに、市役所方面から普通に横断歩道を渡って、太鼓の音を響かせながら一列に並んでやってきた姿はユニーク。
くの一のおひな、足軽の馬之助、与六が、場を盛り上げる。
武将隊−仙台鍋1

武将隊メンバー紹介のトリは、やっぱり政宗公。家臣、家来が見守る中、堂々と口上。
武将隊−仙台鍋2

どこか不気味な雰囲気を醸し出し、一際目を引く漆黒の伊達政宗。天下泰平を願い、もう一人の政宗が甦った。自ら「ダースベイダーではないぞ!」と前置きして、場を和ませる。腰にチャンピオンベルトらしきものを巻いている。後ろのビルと武将隊のミスマッチな感じがいい。
武将隊−仙台鍋3
続きを読む >>
| - | trackbacks(0) | 注目イベント | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鍋まつりに「伊達武将隊」参上〜!!!